FC2ブログ

記事一覧

暑さ対策をして、夏の練習を乗り切りましょう!


こんにちは!

暑い日が続いていますが、体調はいかがですか?

連日、熱中症で搬送されるなどのニュースが多いですが、ランナーも熱中症に注意が必要です!

自分はならないから大丈夫。そう思っていませんか?


熱中症を引き起こす条件は、「環境」と「からだ」と「行動」によるものが考えられます。
「環境」の要因は、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどがあります。
「からだ」の要因は、激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じたり、暑い環境に体が十分に対応できないことなどがあります。
その結果、熱中症を引き起こす可能性があります。


人間の身体は、平常時は体温が上がっても汗や皮膚温度が上昇することで体温が外へ逃げる仕組みとなっており、体温調節が自然と行われますが、体温の上昇と調整機能のバランスが崩れると、どんどん身体に熱が溜まってしまいます。
このような状態が熱中症です。

熱中症には以下の症状があります。
命にも関わってくるので、以下の症状が出たら必ず運動を控える、病院へ行くなどしてください。
頑張ることと無理をすることは違います。

004.gif


そして大切なのが予防を心がけることです。

ランナーでいうと水分補給が大切になってきます。
ご存知かと思いますが、水分だけでなくミネラル(塩分)もしっかり摂らないとリスクが上がります。

水だけを飲みすぎてしまっても、かえって体内の電解質のバランスが崩れ体調不良になることもあります。
なので、こまめにスポーツドリンクなどミネラルが含まれているものを飲むようにしましょう。

しかし、カフェインが入っているものアルコールは利尿作用があるので注意が必要です。


また、熱中症の発生は、当日の水分、塩分不足だけではなく、数日前からの不足が原因でも発生します。常日頃から水分とミネラルの補給を心がけましょう。

あとは寝不足や二日酔いなどの時も熱中症になりやすいので、より注意しながら水分補給をする、もしくは体調が整ってから運動を始めるといいかもしれません。


最後にハイテクタウンでは入口にWBGT計(黒球式熱中症指数計)を設置しています!

20190807153048fc3.jpeg


暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)とは、人間の熱バランスに影響の大きい

気温 湿度 輻射熱(地面や建物・体から出る熱で、温度が高い物から特に感じやすい。例:太陽光の地面の照り返しなど)

の3つを取り入れた温度の指標です(これら3つに加え、風(気流)も指標に影響します。)


このWBGTが28℃を超えると「厳重注意」となり、熱中症にかかりやすい気候となります。
そして31℃を超えると運動が「原則中止」となります。


外に走りに行く方はWBGT計をチェックして、熱中症を防げるようにしましょう!


以上、熱中症関係のお話をしましたが、せっかく頑張って練習をしても、熱中症になっては元の子もありません。

工夫して練習し、秋からのマラソンシーズンに向けて頑張っていきましょう!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ランナーのための総合施設ハイテクタウン

Author:ランナーのための総合施設ハイテクタウン
皇居近くにあるランナーのための総合施設『ハイテクタウン』
ロッカーシャワー施設

アスリートスマイルランニングクラブ

ハイテクスポーツ塾

ランニングイベント